第9回「大阪ビジネス読書研究会」が開催されました!

201285日、第9回大阪ビジネス読書研究会を開催しました。

場所は予定していた会場のビル清掃のため、

急遽変更し、カフェ英國屋さん心斎橋本店を使用しました。

10人くらいが入れる貸しスペースがあるから便利ですね、ココ。

 

 

参加者は私を含め6名。

女性4,男性2で、男性が劣勢です…。

概して女性のほうが勉強熱心な方が多いんだと思います。

世の男性諸君、がんばって。


 

つい、ちょっと離れて座ってしまう私…
つい、ちょっと離れて座ってしまう私…

 

さて、読書した内容はいつもの『プライスレス 必ず得する行動経済学の法則』の

99セントストアの謎」という章。

日本で言えば、98円とか1980円とかそういう値段についての章です。

そういう値段を本書では“端数価格”と読んでいたのですが、

その端数価格がそのような効果を持っているのかについて解説されていました。

 

 

例えば、同じ商品に

 

34ドル

39ドル

44ドル

 

と3つの価格をつけて販売すると、

いちばん売れるのが39ドルの値付けをした場合らしいです。

おもしろいですね。

続きはぜひ、課題図書をお読みください。

 

 

さて、次回は8月19日は記念すべき第10回。

キリのいいところで、『プライスレス』の終了予定になっていますが、

新しく参加される方もまだまだ募集していますので、

(すでに初参加の方が2名決まっています)

お気軽にお申し込みくださいね